集合住宅

収益物件を見つける|今後の生活を安定させるために

老後を安定させる

模型と電卓

不動産を賃貸して

土地やマンション、アパートを賃貸に出すことで毎月の収入を得る人たちが多くなってきています。これらの収益を上げてくれる家や土地などの不動産を収益物件と呼んでいます。ただ不動産を持っているだけでは、税金だけ払わなくてはならないことになってしまいますから不動産を人に貸し出すことで、毎月の安定した収入を得ていきます。人気になっている物件や、立地条件などがいい土地ではすぐに借りてくれる人が見つかりますので、安心して収益物件として活用ができます。自分が不動産を所有していなくても、不動産を新たに購入して人にそれを貸し出すことで毎月の収入が得られます。アパートやマンションなど、丸ごと一棟購入して、収入を得ている人も多くいます。

家賃を保証する会社

老後の年金不安の高まりから、収益物件を利用して毎月の収入を安定させようと考えている年配の人も多くなってきました。年齢を重ねていくと収益物件の管理もなかなか手間になってきます。入居者を探したり、物件の説明など自分ではなかなかできない人も多くいますので、大手の建設会社や不動産屋では物件の管理も含めてそれらを行っているところもたくさんあります。収益物件を購入したオーナーに代わって、入居者を探したり、物件の説明や、修理など物件の管理全般を行っている会社もあります。また一棟丸ごとマンションやアパートを建設してそれをオーナーに購入してもらい、入居者があってもなくても家賃を保証している会社も現れてきています。

資産の入れ替えをしよう

マンション

今後、人口は郊外から一部の都市部へと移ってきます。もしも、郊外の収益物件を保有しているようであれば、早いうちに都市部の収益物件に買い替えるようにしましょう。利便性の違いで空室リスクが大きく変わってきます。

More Detail

注意して選別しよう

外観

マイナス金利の導入以来、上場不動産投資信託への注目がさらに高まっています。但し、同程度の分配金利回りの銘柄でも、保有している収益物件により、その資産価値は大きく異なってきます。投資をする前に確認しておきましょう。

More Detail

成功は購入価格で決まる

グラフ

収益物件の購入価格で、不動産投資で成功するか失敗するかがほとんど決まります。少しでも安い価格で購入することで、成功する可能性が高まります。表面利回りで収益物件を厳選するほか、中古物件を検討してみましょう。

More Detail